技術と信頼の眼鏡士が正確な眼鏡をおつくりするメガネのOPTイシイ

フィッティング

フィッティング

そのメガネはあなたにフィットしていますか?

フィッティングとは?

普段メガネをかけていて例えば、痛みや疲れ・違和感を感じたり、
メガネがすぐズレてしまうと感じたことはありますか?
それはあなたにフィットしていないメガネなのかも知れません。
お客様に合わせて正しくメガネを調整し、快適な掛け心地にすることをフィッティングと言います。
正しくフィッティングされていないメガネで生活すると疲れや痛みを感じ、
集中力も低下してしまいます。
メガネの性能を引き出し、メガネを掛けた時の見た目の印象を改善するため、
当店ではお客様それぞれに合ったメガネを、確かな技術でご提供致します。

フィッティングをお薦めする方

  • よく疲れを感じることがある。
  • 耳の後ろや頭などが痛くなる。
  • 違和感を感じることが多い。
  • メガネがすぐズレて落ちてくる。
  • 鼻パットがうまく当たっていない気がする。
  • 以前に比べて見えにくくなってきた。

いくらレンズの度数が合っていても、素晴らしい加工がされていても鼻パットの角度・高さ、幅の調整、傾斜、角膜とレンズの距離など、掛け具合が悪ければ良いメガネとは言えません。

フィッティングのできるお店・できないお店

最終的に正確にお顔に合うように行うフィッティングですが、最近全く行わない(行えない)お店があるようです。
その理由は
①うまくフィッティングできないフレームを販売している。
②フィッティング技術がない
③そもそもフィッティングすることをスタッフが知らない。
のどれかです。
いくら正確にお造りしたメガネでも、しっかりと光学中心が目の中心に合ってなければうまく機能しません。
OPTイシイでは毎日、SS級認定眼鏡士4名が腕によりをかけてフィッティングさせていただいております。

フィッティング流れ

①初めにメガネに関するご相談やご要望などを細かくヒアリングさせていただきます。

②実際にメガネをかけて各所のチェックをします。

  • ●メガネフレームをお顔に掛けていただいての位置、フロントフレームの位置
  • ●鼻にのせるクリングスパットの位置
  • ●眼とレンズの間の距離
  • ●フロント枠の前傾角の位置
  • ●テンプル(つる)幅の広がり位置
  • ●サキセル(耳にかかる部分)の位置調整

③調整し再度メガネをかけてチェックをします。

まだ気になる箇所があれば再度微調整をかけて、お客様にぴったりのメガネに仕上げます。

これで世界に一つだけのあなたに合わせたメガネの出来上がりです。

Copylight (c)2014 OPT ISHI All Right Reserved.